半年に一度の定期検査

Posted at 15/06/26 Comment(0)» Trackback(0)»

半年に一度の定期検査の日。

サルモネラ菌と、卵の抗生物質残留検査。

サルモネラ検査は、新潟県の家畜保健衛生所の職員が直接来場し、サンプルを採取。

職員の方は、全て「獣医」さん。
鶏舎のサルモネラ検査

全身真っ白ないでたちに、初めて見る鶏たちに緊張が走ります。

鶏舎での検査項目は、鶏舎内の床や餌、水などが対象。

鶏の腸内のふき取り検査も行うのですが、さすがに鶏たちは嫌がって逃げたい一心。

このほかに、卵を洗卵選別する機械とその部屋もサンプル採取します。

検査項目別に、きちんとキットがあって、中には手づくりのキットまで。
見ているだけでも参考になります。
検査キット入れ

この日、抗生物質の残留検査用に卵もサンプルを持ち帰りました。

第三者機関、特に公的機関でこのような検査を実施してもらうのは、新潟県と新潟県畜産協会が行っている、安心ブランド事業の「クリーンエッグ生産農場」に認定されているから。

もちろん、検査費用はかかりません。

鶏インフルエンザの検査時などに採血する時には、併せてワクチンの検査もしてもらえます。

色々な情報も聞くことが出来るので、一石二鳥以上の効果ありです。


検査の結果は、当店のウエブサイトに掲載します。
過去の各種検査結果はこちらから


オークリッチの安全で美味しい放し飼い卵の通販サイト「卵とふぉドットコム」。
お取り寄せや贈り物のギフトとして、新鮮で稀少な高級卵を産地直送でお届け

"半年に一度の定期検査"へのトラックバック

トラックバック先URL

"半年に一度の定期検査"へコメントを投稿

(運営者が承認するまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)

上の情報を保存する場合はチェック

オークリッチの卵とふぉ.com